唇顎口蓋裂

top > 診療のご案内 > 唇顎口蓋裂でお悩みの方へ > 口唇裂、口蓋裂の赤ちゃんが生まれたら!!

唇顎口蓋裂でお悩みの方へ

日帰り手術のスケジュール

このたびは赤ちゃんの御誕生おめでとうございます。
口唇口蓋裂を持って生まれてくる赤ちゃんは500出生に一人程度いらっしゃいます。
これは数多くの先天異常の中ではかなり高い頻度といえます。
東海大学形成外科にもたくさんの口唇・顎・口蓋裂の患者さんが来院されていますが、どの赤ちゃんもきちんとした手術が行われれば、赤ちゃんの将来には何の心配もない事を知ってください。

赤ちゃんの取り扱いについて

経鼻胃管はまず必要ありません。
鼻から入れたチューブでミルクを投与する必要がある患者さんは、気管へのミルク・母乳の誤嚥がひどい場合や自分でミルクを飲み込む力が無い場合などです。
口唇裂単独の患者さんや口蓋裂があっても程度の軽い場合は、母乳での授乳が可能な赤ちゃんがかなりいます。積極的に試みてください。
口蓋裂のある赤ちゃんは吸啜力(ミルクを吸い込む力)が弱いので、ミルクを口の中に入れるところまでは補助してあげる必要があります。
また、哺乳瓶と乳首は口唇口蓋裂用に適したものを選択する必要があります。

赤ちゃんは授乳中に鼻から呼吸しなければいけませんから、鼻の中にミルクが流れ込まないように起きた姿勢で授乳する必要があります。寝かせた姿勢では、口蓋の穴から鼻にミルクが入りやすいからです。
一度に赤ちゃんの口に入れるミルクの量も、少ない量から始め、慣れるに従って増やすようにします。口の中に入るミルクが多いと起きた姿勢でも鼻の中に流れ込むようになり、授乳中、呼吸する時にむせてしまいます。
ミルクを飲みやすくする目的や裂幅が拡大しないようにする目的で

プレート装着を開始する場合もあります。
これはHotzプレートと呼ばれるもので、生後2週以内程度の早期に装用を開始すると赤ちゃんが違和感を感じにくい様ですので、出来るだけ早く形成外科受診を一度してください。