顎変形症の手術をご希望の方へ

top > 診療のご案内 > 顎変形症の手術をご希望の方へ > 手術後について

顎変形症の手術をご希望の方へ

手術後について

顎変形症の手術をご希望の方へ

通常約4週間このままにしておく必要があり、その間は口が開かないため、流動食を食べていただくことになります。 入院中は病院の食事がありますが、退院した後はご自宅で作ってたべていただきます。 そのための食事指導を栄養科の先生から受けていただきます。退院は早い人では7日間くらいで出来ます。 遅い人でも10日から14日で退院します。しかし出来ればその後2週間くらいは自宅で休んで下さい。 手術により、下唇の周りに感覚のしびれが出ることがあります。 これはその部分の触覚に関する神経が、骨切り部の近くを走行しているためで、手術直後の患者さんを調べたところ約80%の方にこの症状がありました。 その後だんだん症状は消えてゆきますが、症状が消えずに残っている人も約7%います。1年ほど経過すると症状は殆ど気にならなくなります。