顎変形症の手術をご希望の方へ

top > 診療のご案内 > 顎変形症の手術をご希望の方へ > 手術について

顎変形症の手術をご希望の方へ

手術について

顎変形症の手術をご希望の方へ

手術は口の中から行われ、顔には傷跡は残りません。術式によってはチタンのネジをとめるために、耳の下に近い部分の頬部にごく小さな切開を必要としますが、この傷跡は殆どわからないようなものです。顎の骨は両側の”えら”の部分で切られ、顎の関節につながる部分の骨と真ん中の歯の並んでいるいわゆる”あご”の部分の骨に分割されます。顎の骨は予定している位置へ移動し、顎間固定法によりしっかりと骨が再び癒合するまで固定しておきます。顎間固定とは顎の骨の固定のために歯を利用する方法で、上下の歯を金属のワイアーで動かないように結びつけてしまうものです。