乳房再建をご希望の方へ

top > 診療のご案内 > 乳房再建をご希望の方へ > 乳房再建の利点・欠点

乳房再建をご希望の方へ

乳房再建の利点・欠点

乳房再建について

利点

  1. あなたの精神的・肉体的苦痛を軽減することができます。
  2. 1回の手術で乳房再建を行いますので、時間的、経済的に有利です (なぜなら入院期間は、再建を行わない場合と同じ)。
  3. 切除された乳房分の組織を同時に補いますので、瘢痕拘縮(ひきつれ)がなく、上肢の運動が楽になります。
  4. 術後に特殊なパッド入りブラジャーがいりません。
  5. 腹部の余分な皮膚や脂肪を胸部に移植するため、術後下腹部がすっきりして多少美容的効果が得られます。
  6. 外科医が、切除する予定の皮膚の範囲と乳輪の位置などをトレースしておいて くれるのでより正確な乳房再建が可能となります。

欠点

  1. 手術時間が長くなります(形成外科で3〜4時間はかかります)。
  2. 胸部だけでなく腹部にもキズができるので、普通ですと術後痛む部位が 2カ所となりますが、術後に硬膜外麻酔を行いますのでほとんど痛みはありません。
  3. 腹筋力が少し低下します。